主婦の家計改革宣言

5人家族の家計管理について考える。支出を減らし収入を増やす方法を探ります

子ども費

サブで持つクロス式抱っこ紐(おすすめ育児グッズその2)

投稿日:2017年8月19日 更新日:

どうも まこです

おすすめ育児グッズの紹介第2弾です

私も抱っこ紐は、メインの肩に通し腰で支えるタイプのごついものを使用しております

長時間の抱っこが予想される場合、スーパーで買い物とか、授業参観とか

小一時間抱っこしっぱなしの時は専らこちらです

___________________

エルゴに代表される抱っこ紐

<メリット>

  • 疲れにくい

なんと言ってもこれに尽きます

腰で支えるので肩への負担が少ないです

<デメリット>

  • 持ち運びがかさばる
  • せっかく寝付いても外すとき起きてしまう
  • 値段が高い

結構デメリットあります

当たり前ですが赤ちゃんを抱っこするというのを最優先事項にして作られております

だから抱っこしていないときは本当にジャマなんですよね。。。

_____________________

逆に短時間の間に入れたり出したりする、もしくは短時間だけど両手を使う必要がある場合、そして家で寝かしつける場合、私はクロス式の抱っこ紐を愛用しております

あまり外で使っている人をみたことがないかもしれません

全てが布でできていて前も後ろもクロスされてつながっているものです

腰ベルトは付いてるものもありますが多くは肩のみで支えます

クロス式抱っこ紐で検索するといっぱい出てきます

_____________

クロス式抱っこ紐

<メリット>

  • 持ち運ぶのにかさばらない
  • 赤ちゃんを降ろした状態でも体につけたままで邪魔にならない
  • 値段が安い、3,000円ほど
  • 寝た場合自分の体を抜いてそのまま寝かせられる

保育園の送迎に重宝してます

抱っこの時間は短いけど荷物が多いし何かとやることがあるので両手は使えるようにしておきたいのです

<デメリット>

  • 全ての体重を肩で支えるので長時間はキツイ

肩こりが激しいのでこれは本当に辛い

なので私がこちらを選択するときは30分が目安でしょうか。。。

思いのほか用事に時間がかかってしまったりすると、あ~間違えたな~と後悔します

_______________

サブで持っていて用途に合わせて使い分けるととても便利な一品です

ちなみに私はあと2個、全部で4個の抱っこ紐をもっています

あとの2個は、ベビービョルンの縦抱き用抱っこ紐と

肩からかけて反対側のこしで支えるベルトのような抱っこ紐です

ベビービョルンは新生児、生後三週間から使用で首が座るまでの間に使っていました

新生児だろうが連れまわさないといけない第二子、第三子を持つママには必須でしょう

対して斜め掛けベルト抱っこ紐は全く使ってません

これは失敗だったなと思っています

心許なさ過ぎて一度も外では使用できませんでした

足を通しているわけでもなく座らせているだけなので、ぐるんと後ろに倒れてしまいそうで怖いです。。。

持ち運びも便利だし手軽に装着できるので合う人はいいのかもしれませんが私には合わなかったです

抱っこ紐は何種類かやっぱり必要ですが、お値段もそこそこするのでよく吟味して選びたいですね

以上、おすすめ育児グッズその2でした

-子ども費

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供の習い事は何がいい?小学生と幼児の場合

どうも まこです。 子どもの習い事の送迎、意外と大変ですよね。 私が子どものころは一人で行って一人で帰ってきてた気がしますが、時代の変化ですね。結構大きくなっても付き添っている親御さんを見かけます。 …

ハナキューチャンで風邪予防(おすすめ育児グッズその1)

どうも まこです 私 掃除が苦手なんです でも汚いのは嫌いです 物が多いと管理しきれなくなるので買い物をするときはとても慎重です 大体のものは必要ないと思っています ケチですしね なので世に溢れている …

学童も多子減免制度導入!二人目半額、三人目無料!

どうも、まこです。 来年には真ん中が小学校にあがります。 家計的には、一人分の保育園料が減り、給食費と学童の費用が増えることになります。 世間では貯め時と言われる時期に突入することになるわけですが、ま …

所得制限なし!3人目以降は2歳まで保育料無料は本当だった!

どうも まこです。 以前にもこちら3人目妊娠に対する経済的不安~保育料編~の記事で書きましたが、今日本当に3人目の保育料が0~2歳児まで無料になるのか、市役所で確認してきました。   本当で …

三人育児の経済事情 教育費編~教育費1000万の内訳~

どうも まこです。 「教育費は子ども一人1000万円」 なんてよく聞きますが、この数字にまこはかなり半信半疑です。 いったいどこからどこまでがこの1000万円に含まれているのか。詳しくみていきたいと思 …

35歳 都内勤務一般事務

子供3人を育てながら少しでも生活を豊かにするために投資や節約に奮闘します