主婦の家計改革宣言

5人家族の家計管理について考える。支出を減らし収入を増やす方法を探ります

子ども費

個人年金保険と学資保険の違いは?

投稿日:2017年8月24日 更新日:

どうも まこです

我が家の場合

我が家は誰も学資保険には入っていませんが

個人年金保険には入っているんです

もともと入る気はなかったんですが

古くからの友人が生保レディとして働き始めまして

ノルマがキツイようで頼まれて3年前に入ってしまったんですね~

失敗したなと今では思ってます

当時はまだ第三子も妊娠しておらず

お金についても定期的に預金してるくらいでそこまで考えていませんでした

それでも年払いで50万づつ6年で300万円

11年目から10年間受取とそれほど長期で組んでいなかったのでまぁよかったです

返戻率は108%です

つまり324,000円づつ10年間受け取る計算です

う~ん

やっぱり運用という観点で考えると失敗ですよね

だって300万円分株を買って配当2%でも年間6万円

4年で24万円です

つまり個人年金保険で20年かけて324万円にするのを

株式だと300万円貯めるのに6年、それを324万円にするのに4年

計10年です

配当2%も標準的ですしその配当金でさらに株を買えるので

実際はもっと差が開くでしょう

もちろん株価が下がっているかもしれないリスクがありますが。。。

資産の全てを運用するつもりはないので

教育資金の一部を安全に増やしているということで

納得しときましょう

 

個人年金保険と学資保険の違い

それではタイトルにもなっている個人年金保険と学資保険のちがいですが

私はほとんど同じものだと認識してます

二つとも定期的に積み立てて一括、あるいは数回に分けて受け取る保険です

唯一実質的な違いは保険料控除枠だと思っています

学資保険は生命保険なんです

現在控除の上限は4万円なので

すでに自分の医療保険や死亡保険に入っていて

年間の保険料が8万円を超えている場合は

学資保険による保険料控除の恩恵を受けることはできません

これは年収にもよるのですが

平均年収の人は4万円の控除で年間8,000円程度です

しかし

個人年金保険では生命保険とは別に個人年金保険の控除枠があります

それも同じく4万円です

同じ返戻率ならば学資保険よりも個人年金保険のほうが得じゃないかなと思っているのですがどうでしょう

学資保険の場合、親が死んだら掛け金免除となりますが

それもhttps://kakeikaikakusengen.com/archives/109

こちらありますように300万円の補償なら月にすれば数百円の掛け金ですみます

私は学資保険より個人年金保険派ですね

そもそも保険はいらない派ですがね!

多少の現金が手元にあればいいかな

-子ども費

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3人目の妊娠どうしよう。。。でも欲しい!悩んだ結果産んだ私の場合

どうも まこです。 1人目、2人目と失敗もしながら育ててきました。その楽しさも大変さも多少は理解しているつもりです。しかし、3人目を妊娠することは相当迷いました。 まずつわりの症状が重いタイプなので、 …

<子ども3人の習い事費>ジリジリと増えていく教育費

どうも まこです。 やっとわが家のインフルエンザ流行も一息つき、会社に行くことができました。しかしまだまだ周囲では流行してますから、またいつ休むことになるやら。 さて、タイトルには子ども3人と描きまし …

まこ家の教育費が高いって?教育費の内訳について考える

どうも まこです。 薄々は気づいておりましたよ。わが家は教育費が平均より高いんじゃないかって。 わが家の教育費は大きく分けると、保育料や学校給食費のような必要経費、できればやっておきたい習い事費、図鑑 …

夏休み!予約なしでも!?関東の工場見学(キッコーマン)

どうも まこです 猛暑日が続く中、子どもたちはともかく乳児を炎天下につれ回すわけにはいきません しかし長い夏休み どこにも遊びに連れていかないのもかわいそうです そこでオススメなのが工場見学 子どもた …

認可外保育園にかかる費用はやっぱり高額

どうも まこです。 以前からお話していた認可外保育園の入園手続きを無事に済ませ、来年1月から会社復帰ふることが決定しました。これでひとまず落ち着かない状態から脱出できて一安心です。 それに伴い、長女の …

35歳 都内勤務一般事務

子供3人を育てながら少しでも生活を豊かにするために投資や節約に奮闘します