主婦の家計改革宣言

5人家族の家計管理について考える。支出を減らし収入を増やす方法を探ります

両立

育児休暇が2年に延長されることに

投稿日:2017年8月25日 更新日:

どうも まこです

この度、「育児・介護休業法」が改正され

2017年10月1日から施行されるそうです

いくつか改正されますがその中の1つが

「育児休暇が最長2年まで延長できるようになること」です

今までは「子が1歳になる日の前日まで」が原則で

特別な場合「1歳6カ月まで」延長できることになっていたのが

今回の改正では特別な場合に限り、2歳まで延長できることになりました

この特別な場合というのは保育所に入れないときなどです

 

保育園は4月入所なので

例えば我が家の第三子のように12月生まれだと育児休業が終わるのは12月だが

12月に保育園に空きがなければ入ることはできない

そしてほとんどの場合年度途中に空きはない

私が住んでいる地域でも0歳児クラスは5,6月あたりで定員いっぱいとなります

0歳児4月入園でもものすごい倍率になる都内よりは全然マシといえども

1歳になるのを待って年度半ばの12月に入れることはほぼ不可能

そこで1歳6カ月まで延長することによって

翌年4月に1歳児クラスに1歳3カ月で入れるようになるのです

このとき育児休業給付金も延長できるのがありがたい

まぁ1歳児クラスのほうが0歳児クラスより倍率が高いという別の問題もあるのですが。。。

(1歳児ではそもそも募集する枠が少ないため)

この育児休業延長が今年の10月1日より2歳まで延長できるようになるそうです

これは今までは8月生まれの子を保育園に入れようとする場合

0歳7カ月で4月に0歳児クラスに入園させるしかなかったんですが

(1歳6カ月まで延長できても8月から翌年の2月では年度途中のため)

この改正で1歳7カ月で4月に1歳児クラスに入園できるかもしれない可能性も出てきました

しかし「待機児童が多いなら保育所の整備を進めるのが前提。育休で需要を減らすのはおかしい」との

意見も根強く、今回の期間延長は「緊急的な対策」と位置づけ法律の施行から2年をメドに見直す方針のようだ

本当に都内の保育園は激戦で受け入れの絶対数を増やす以外に根本的な解決法はないと思うのですが。。。

同僚が夫婦ともにフルタイム勤務でも入所が難しい激戦区に住んでいまして

復帰できるのか心配だったんですが2年取れるならもしかしたらと思えますね

その間に第二子を妊娠もできますしね

 

1点注意が必要なのは

「最初から育休を2年申請することはできない」ということです

あくまでも1歳になるときに保育所に入れなければ延長することができる、

1歳6カ月までに保育所に入れなければ再延長できる、という制度です

やっぱり親が子どもの状態を見て選べるわけではなく保育園次第なんですよね

親子関係を作るすごく大事な時期なので、何月でも何歳でも子ども主体で考えられようになる育児休暇法が理想です

 

我が家は経済的事情で2年も休んでられませんけどね!

給付金だけではとてもとても。。。

 

以上、育児休業が2017年10月から2年に延長可能なる話でした

-両立

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無理をしない共働きと子育ての両立 ~しんどさ半減!買ったほうがいい家電~

どうも まこです。 最近の家電は優秀ですよね。 私がやるより何でも上手なのではないかと本気で思います。 私は家事が嫌いです。もう大嫌い。特に掃除がイヤ。でも汚いのも散らかっているのも大嫌いです。だから …

無理をしない共働きと子育ての両立 ~まこのタイムスケジュール~

どうも まこです。 新卒で今の会社に入って気づけば10年。その間、結婚をし家を買い三回出産をし、育休から復帰すればバタバタの日々をひたすらこなすことに精いっぱいでした。 そして今回も4月に復帰すれば、 …

育児休業中に住民税がボディーブローのようにのしかかる

どうも まこです。 今回で3回目の産休・育休中です。 1人目の時は1年2ヵ月、2人目の時は10ヵ月のお休みをいただきました。その期間の違いは、保育園の4月入園に合わせて会社に復帰するので、単に生まれ月 …

無理をしない共働きと子育ての両立~やっぱり仕事が楽しい~

どうも まこです。 休んでばっかりとはいえ、すでに復帰してから二カ月弱。 育休中にはすっかり忘れていた仕事内容も徐々に思い出され、勤務時間中は仕事に追われているというよりも仕事をこなしているという感覚 …

小1の壁を乗り越えても長期休みのハードルが意外と高い

どうも、まこです。 昨年長女が小学校に入学しましたが、わが家には下に長男がおり、時短勤務はそのまま継続され学童の終了時刻よりも前にお迎えに行くことができ、小1の壁は難なく乗り越えることができました。 …

35歳 都内勤務一般事務

子供3人を育てながら少しでも生活を豊かにするために投資や節約に奮闘します