主婦の家計改革宣言

5人家族の家計管理について考える。支出を減らし収入を増やす方法を探ります

両立

育児休業中に住民税がボディーブローのようにのしかかる

投稿日:

どうも まこです。

今回で3回目の産休・育休中です。

1人目の時は1年2ヵ月、2人目の時は10ヵ月のお休みをいただきました。その期間の違いは、保育園の4月入園に合わせて会社に復帰するので、単に生まれ月による誤差なんですが、今回すでに休みに入ってから1年1ヵ月がたとうとしています。

3回目が一番長くお休みをいただくことになります。今のとこ。

ということは、一番経済的にきついんです!

育休中の収入

以前にも書きましたが、私は時短勤務をしているので出産手当金、育児休業給付金が一人目の時よりも減ります。

時短勤務は給与が減る!賞与も減る!!時短勤務中、その後の収入の実際

それはもう全然ちがいます。只でさえ時短で私の収入は出産前の3/4程度の収入になっているところ、それがさらに産休終了後半年は2/3、その後復帰するまでは1/2になるんです。

具体的にもともと20万の手取りで、交通費等も入った25万の額面給与だったとしたら、時短で手取り15万になり、2人目以降の産休終了後の半年は13万弱、その後復帰までは10万弱です。育児休業給付金は、交通費込みの税込み金額×2/3もしくは1/2です。

産休前の収入の半分とまではいかないまでも2/3くらいになります。

そしてさらに住民税を払わなければならないんです。

住民税とは

住民票がある自治体に支払う税金です。

私が住んでいる自治体では15歳未満は医療費を、自治体が負担してくれます。とっても助かっている自覚があるので、返礼品目当てにふるさと納税はせずに自分が住んでいる自治体に納めています。

しかしこの住民税、前年度の所得にかかってくる税金なんです。

つまり育児休業中でも去年の税金を払わなければいけないんです。

もちろん3回目の育休なので知ってはいたんですが、育休も終盤に差し掛かりこの税金が地味にキツくなってきました。。。

私の住民税は月1万円

年間で12万円です。

結構大きな出費です。ここへきてジリジリと家計を圧迫してきています。あと3万円残ってるんですよ~。

出産手当金も育児休暇給付金も所得にならない

これに救われます。

この一年間にもらった様々な手当は所得に入りません。つまり無税。所得税も住民税もかからないんです。

来年は毎月の給料から住民税が引かれないんですよ~。これが唯一の救い。額面は変わりませんが手取りが増えます。

今年はきついですが来年はちょっと楽。

う~ん。これ復帰予定の人は住民税の支払いに1年猶予をくれたりしたらいいと思うんですがね。収入が減った状態で前年度の税金まで納めるのはキツイ。ただでさえ出費が増えてるのに。

ホントに色々な面で子育てにはお金がかかりますね。

-両立

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

正社員夫婦の経済的メリットは大きい。

ボーナスの時期になりましたね。 私が勤める会社は毎年ボーナスの支給日が決まっています。 昨年は育児休暇に入っていたため、いただける金額は微々たるものでしたが、今回は4ヵ月分のボーナスがいただけたのでそ …

今週色々ありすぎだよ。。。まだ水曜日だよ?

どうも まこです。 今週は色々起こっていてもうバッタバタ。週半ばにして力尽きそうです。 色々起こりすぎなので今日は日記的な、忘備録的な。 目次1 新しい洗濯機搬入2 家族にインフルエンザ感染者が発生3 …

人生100年時代になったから50年は働かないといけない

もう人生は80年ではなく、100年らしいです。 びっくりですね。 さらに昔は人生50年だったんですから今よりみんながんばって生きてたんですかね。 桃太郎に出てくるおじいさんとおばあさんは35歳くらいら …

【5人家族の家事】家事は家族で分担しましょう

どうも まこです。 共働きにしろ専業主婦にしろ家事分担は大きな問題ですよね。 疲れている時はどうしても自分ばっかり大変って思ってしまいます。 日本はどうしても妻に家事の負担が偏ることが多いですもんね。 …

無理をしない共働きと子育ての両立~やっぱり仕事が楽しい~

どうも まこです。 休んでばっかりとはいえ、すでに復帰してから二カ月弱。 育休中にはすっかり忘れていた仕事内容も徐々に思い出され、勤務時間中は仕事に追われているというよりも仕事をこなしているという感覚 …

35歳 都内勤務一般事務

子供3人を育てながら少しでも生活を豊かにするために投資や節約に奮闘します