主婦の家計改革宣言

5人家族の家計管理について考える。支出を減らし収入を増やす方法を探ります

子ども費

ハナキューチャンで風邪予防(おすすめ育児グッズその1)

投稿日:2017年8月5日 更新日:

どうも まこです

私 掃除が苦手なんです

でも汚いのは嫌いです

物が多いと管理しきれなくなるので買い物をするときはとても慎重です

大体のものは必要ないと思っています

ケチですしね

なので世に溢れている育児グッズも本当に必要なものしか使っていません

そんなまこでも買ってよかった育児グッズがありますので

本日はそちらを紹介いたいと思います

 

子どもはよく風邪をひきます

まず鼻水から始まり、鼻が詰まるので口呼吸になり、喉が乾燥するためウィルスに感染しやすくなり、熱が出る。。。

この鼻水の段階で出来ればくいとめたいです

 

  1. ハナキューチャン

赤ちゃんは自分で鼻がかめません

自分で子育てするまでは考えもしなかったのですが

実は自分でまともに鼻がかめるようになるのは小学校入ってからです

現在5歳の長男も体質的によく中耳炎になるのですが

鼻水が上手にかめないので放っておくとなかなか良くなりません

そこで

ハナキューチャン

掃除機につけるんです

子供の鼻水を吸い出すものには口で吸うタイプ、電動タイプ、最近ではスポイトの様に吸い出すタイプなどがあります

予算的にお手軽な口で吸うタイプは

いかんせん出てこない

嫌がる子供を押さえつけながらチューブの先を鼻に押し付け

もう一方を思いっきり吸うんです

これ相当難しいですよ

そして自分が感染するリスクがあります

たいして出てこないは子供泣くは疲れるだけだと言っても過言ではありません

 

電動タイプはとにかく高い

一万円程度します

なかなか手が出ませんね~故に試していないので効果のほどはわかりません

 

そして掃除機につけるハナキューチャン

4000円程度です

吸引力は掃除機なので掃除機の吸引力に由来します

私は一緒にセットで売っているハンディを購入しました

掃除機としての吸引力は中の下くらいでしょうか。。。

これは自宅にあるもので十分だと思います

すっごい出てきます

それはもう気持ちいいほど出てきます

子供にやる前に自分で試してみましたが痛くないんです

なので子供が嫌がりません

スッキリすることがわかっていますから素直なもんです

病院で鼻を吸われるときも全く嫌がらなくなるので超褒められます

本当は涙が出てきたほうがいっぱい吸えるんですけどね

子供が風邪を引くのは働くママとしては極力避けたいですよね

長女のときはまだ持っていなくて頻繁に会社を休んでいました

長男を産んで復帰した後にこちらを購入したのですが

休む日数が段違い

第二子ということもあるとは思いますが。。。

現在3人目にも使っています

間違いなく4000円の価値はありました

ハナキューチャンでした

またいくつかおすすめありますので

今後ご紹介していきたいと思います

-子ども費

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

共働きの扶養について考えたことありますか?家族手当と住民税で収入が増えるかも!

私は今月から収入が増えることになりました! 昇給とは違うんですが、知ってる人は少ない(と思われる)正規の方法です。 共働きの人は、自分が勤めている会社の就業規則を確認してみてください。 そして少ないほ …

子どもが3人いても私が学資保険に入らない理由

どうも まこです。 子供が産まれたら学資保険に入る。 「学資保険には絶対入りなさいよ」と長女が産まれたとき、実母に言われましたし、今でも何かと入っておきなさいと言われます。育児雑誌を見れば広告が目につ …

三人目育児の経済的不安~世帯年収800万円の現実~

どうも まこです。 3人目、迷いますよね。 もう一人欲しいけどどうしよう。体力的にも経済的にもやっていけるのかなと不安になります。 私も相当迷いましたが、結局現在3回目の育児休暇中です。 目次1 三人 …

三人目妊娠に対する経済的不安 保育料編

どうも まこです 世間では少子化が叫ばれて久しいですが 実際会社でも独身組が半数以上となっていますが 我が家の周りは子育て家族がいっぱいです 保育園や学校では子供3人、4人、5人育てている方が結構いま …

育児休業給付金はいつ振り込まれるのか

どうも まこです 昨年の12月20日に第三子を出産いたしまして 只今育児休業中です 理想としては主人の収入のみで生活し 妻の収入は貯蓄にまわすという生活なんですが 住宅ローンを返済しながら 保育園料に …

35歳 都内勤務一般事務

子供3人を育てながら少しでも生活を豊かにするために投資や節約に奮闘します